2015.9.1(火) 9月1日は防災の日です!

ここ数日は雨の日が続いていますね。
少しずつ涼しくなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか?

本日、9月1日は防災の日です。 

先日開催いたしました耐震改修工事・現場見学会の報告と合わせて、
防災の日についてちょこっとお話したいと思います。

 

どうして「防災の日」が9月1日なのか、ご存知ですか?

これは、大正12(1923)年に発生した大災害・関東大震災に由来しているそうです。
92年前の9月1日…震度7もの巨大な揺れが関東地方を襲い、多くの尊い命が失われました。

また、9月1日付近は台風の襲来が多い「二百十日(にひゃくとおか)」とされ、
「災害への備えを怠らないように」との戒めも込められています。
こういったことから、「防災の日」は昭和35(1960)年に制定され、
現在では9月1日を含む1週間(8月30日~9月5日)を「防災週間」とするようになりました。
防災の日・防災週間には、全国各地で防災訓練などが行われています。

皆さんもこの機会に身の回りで想定されている危険・災害などについて、
考えてみてはいかがでしょうか?


さて、続きまして…
8月22日開催の「南海トラフ巨大地震に備えた耐震改修工事・現場見学会」のご報告です!

今回の現場は、兵庫県・加古川市の補助金を活用した耐震改修工事の施工でした。
来場者の方をお迎えするスペースには、映像や図面のパネルのほか、
補助金制度についてのパンフレットなども見て頂けるように展示いたしました。

ご来場いただいた方には、実際に荒壁パネルを見ながら
荒壁パネルでの耐震補強についてお話させていただきました。

そして、当日取材に来て下さった日刊建設工業新聞様に記事を掲載していただきました!


暑い中、会場まで足を運んで下さった皆様、本当にありがとうございました!
今後もハチケンホームでは、積極的にイベントを企画してまいります。
次回のイベントでお会いできるのを楽しみにしております♪