スズメバチから家を守る

 皆さん、こんにちは!

5月に入り、だんだんと日差しも強くなってきました。

紫外線対策にも気を付けたい時期ですね。

 

暖かくなってくると、先日紹介したシロアリをはじめ、色々な生き物が活発になってきます。

今回は、シロアリと同様にやっかいなスズメバチについての紹介です。

 

この時期から夏にかけて、冬を越えたスズメバチの女王バチが巣をつくり始めます。

つくり始めの巣は小さく、徳利を逆さにしたような形をしています。

また、女王ハチだけなので、比較的簡単に取り除くことができます。

 

巣が大きくなり始めるのは、6月中旬頃。働きバチが、羽化し始めてからです。

そして、9月下旬から10月上旬ごろには最大になるそうです。

大きくなるにつれて、ハチの数が増え、攻撃的になっていきます。

 

 

 

こういったスズメバチの巣の駆除について、相談ダイヤルや専門業者の紹介を行っている市町もあります。

 

例えば、神戸市は『神戸市ハチ相談ダイヤル』を設置しており、駆除が必要な場合に限り、委託専門の委託業者による駆除を無料で行っています。

(※駆除の内容によっては、費用がかかります)

 

ボール状に大きくなった巣の駆除は、大変危険です。

 

巣が小さい場合でも、処置を誤ってしまうと危険となる場合もあります。

 


 

住宅への直接的な被害はありませんが、スズメバチは攻撃性が強く、巣を守るために人を襲う場合があります。

 

ハチが巣をつくりやすい場所は、低木の枝や生垣、庭木、軒先です。 

また、住宅の通気口は、ハチの侵入口となり、屋根裏や壁の間に巣をつくることもあります。隙間や亀裂などは、細かいネットを取付け、補修しておくことで対策になります。

 

 

今の時期から、巣をつくりやすそうな場所を定期的にチェックしておきましょう!